神に臨む物書き見習い

日々の事をつらつらと

麻雀

先日、テスト終わりの余暇を友達と過ごそうと思い、カラオケに行ってきた。

僕らは歌うことよりも自分達で持ち込んだもので遊ぶことの方が好きで、麻雀牌を持ってきた人がいたため2時間程打っていた。

最初の頃はまともにルールに則ってやっていたが、途中である友達が

「イカサマありでやろうぜ!」

と提案し、面白そうだと思い、イカサマありでやってみた。

結果から言うと、めちゃくちゃ面白かった。

みんなイカサマどころか牌に触ることもあんまり無いほどなので、見え見えだったりするが、そこが面白かった(テンションがおかしかったのかもしれない)

その中で僕が印象的だったイカサマを書こうと思う。

①河拾い

これは有名なイカサマでもある。僕が最初にしたことだが、自分もしくは相手の捨牌から拾ってくるというものだ。

ただ、あまりにもやりすぎた結果、バレてしまい。

「河遊びすんなや!!!」

などと言われた。河遊びって何やねんwww

めっちゃその言葉に壺りました。

②人の手牌操作

自分の牌を押し付けたり人の牌を奪ってくるものだ。たまに気づかなくて、牌の数が変わってることにされてイカサマと疑われる。

③配牌操作

自分の前に字牌を集めて配牌時にこっそりと抜き取っていく。1人がそれをやり国士一向聴スタートとかいうえぐいことをしてた。(尚別の奴が速攻で流した模様)

④点棒強奪

クソですね。

⑤ドラのすり替え

これが1番印象的だった。なんとドラを途中で自分の都合のいいように捨牌とすり替えた猛者が現れたのだ。

また、変えた奴以外誰もその事に最後まで気づかなかった(僕も)。

 

最後の局でも人の捨牌からツモってツモアガリとかいうクソプレイを行ったが、全て笑いでとばされた。

なかなか面白かったので、次ぎやる時までにもっとイカサマの技術を学びたい。

なお、当たり前だがイカサマは反則であり、気心知れてない仲でやると信用を失いかねないので、やる時は人を選ぶように。

 では今回もこれで|・x・)ノシ

P.S.最近の咲-Saki-に登場する、姫松高校の大将、末原恭子が可愛いと思うようになったんですが、分かりてはいませんかね?

また別の機会にで咲-Saki-の記事も上げようと考えてます。
f:id:alchemist_aster:20170703235628j:image