神に臨む物書き見習い

日々の事をつらつらと

虚無感

定期テスト中に毎度起こる謎の虚無感に襲われました。

特にやることはないし、勉強しないといけないんだけどやる気が起こらない。

今回で定期は最後なんで嬉しいです。

結構周りを見ているとみんなの成績の伸び率って

定期テスト>>>模試って感じなんですけど僕は昔から逆でした。

範囲が決められていたり、答えを覚えればいいだけのテストのくせに出来ない。

特に模試との差が酷いのは数学だ。

理由は分かってある。

数学の時間に対する問題量だ。

うちの学校の数学のテストは高校に入ってから、入試の過去問3問+計算5問を50分で解かなければならない。

実際の入試は5問をだいたい120~150分、

それに5問といっても全解を狙いに行くのはせいぜい3問。

そりゃ初見だし、難しいけど思考時間が全く違う。答え通りに書くことが苦手なのでテスト中でも迷ってしまい、時間が無くなることが多々ある。故に数学の点数が思うように伸びない。

こんな記事を書いてる暇があったら勉強しましょう。

P.S.天野遠子さんの気持ちを分かろうと何か食べれそうな本を探そうとしてますが、なかなか見当たらないです。